北九州〇(まる)かじり!<新館>

ぼちぼち更新中    since 2005.11.16(renewal OPEN 2019.5.6) 

(略歴・笑)
2005.11.16 niftyココログ「北九州〇(まる)かじり!べーやんの雑記帳」開設。
2006.11.25 yahoo!ブログ<別館>開設。ココログを<本館>と改称。
2019.5.6 ライブドア<新館>開設。yahoo!ブログ廃止のため<別館>を移行・<本館>記事も統合し<本館>を<旧館>に改称。

カテゴリ: (食)関西

なんばグランド花月の横。さらにその隣の「金龍ラーメン 難波千日前店」には、2001年
に行ったことがある。当時は「なんば花月」のチケットは今のようなネット販売じゃなく、早
いもの勝ちで朝から並んでいた。宿で朝食はとらず、交代で並んで金龍で朝ラーメンした
ものだ。その頃・・・この「わなか」って、今ほど行列になってたかなぁ?と。道頓堀の大た
こ本家の方が並んでいたような気がする。兎も角、それから何度か通っても、人・人・人。
この日も花月入場前の夕方に、一時的に列が短くなった感じがあるが、またどんどん増え
る感じ。ところが、花月の最終公演後、外に出てみると、ほぼ行列なしの状態で。ようやく
食べてみる気になった次第(つまり、予定していなかった・笑)。

6848e568.jpg

a493cd0a.jpg



店内でも食べれるようだが、4人で2つだったし、そのまま手短に立ち食いと相成った。
たこ焼は500円 味付けは、ソース、しょうゆ、釜炊き塩、どろソースから選ぶ。その中
から定番のソースに、釜炊き塩を選択。

ソース・・・定番のソース味。外はカリっと、中はとろーり・・・という、およそ最大公約数の
表現しかできないのだが、なるほど、この食感はいいなあ。

276c4783.jpg


釜炊き塩・・・ソースの前に、是非味わってほしい味付け。塩だけでいただくのだが、これで
いただくことにより、たこ焼き自体に出汁の旨味がしっかりあることがわかる。これだけでも
十分に旨い。このたこ焼にソースが加わることによりなんとも言えない味わいが出るんだね。

245030f6.jpg


並んでまではどうかと思うが(たこ焼きの美味しいお店は、どこにも沢山あることだし・・・)
時間帯によっては並ばずに買える。並んでいなければ、また食べてみたい「たこ焼」では
あるかな。
ちなみに、翌朝、出撃中に通ったら、やはり行列は無かったので(土日祝は8時半開店)
やはり早起きは三文の徳。もしくは夜9時頃からが狙い目ですな。

大阪市中央区難波千日前11-19



すんなりと自由軒でカレーをいただけたので、時間にゆとりが生じた。なんばグランド花
月内の土産店やら散策して、公演チケットを発券しても、まだ時間がある。公演途中で、
お腹がすくのも嫌だし、であれば長年の宿題店を片付けておこう。といっても、こちらは、
なんばグランド花月1階にある、別館。本店は、ここからほど近い場所にあるのだが、営
業時間が昼間のみ、と短いためハードルが高くて。

efb5b2d1.jpg

c29c6b65.jpg

84892ec1.jpg


ここの名物は何と言っても「肉吸い」。肉うどんの、うどん抜き。そもそもの発祥話は、ググ
っていただければ・・・(笑)一応、画像は掲載。一昨年、亡くなられた花紀京さんの注文か
らスタートしたようです。え?花紀京さんてWHO?なんて言わないでくださいねぇ。若い人は
わからんやろうね・・・
614406d3.jpg


店内メニュー このメニューって、券売機で食券買った後に見るものなんだが・・・汗
e8b3da6c.jpg


ということで、1番人気という、肉吸い650円+小玉(玉子かけごはん小)210円
26545ea4.jpg

d75dfbc9.jpg




うどん抜きの代わりに、とろーり半熟玉子が入る。味は薄目だがそこそこの濃さ。ただ、
九州の一般的な甘辛い肉うどんの肉(ややこしいなぁ)が甘さで出汁の味を支配してし
まうのとは違い、このくらいならば出汁は負けない。が、インパクトもないかなぁ。うどん
がない分、炭水化物は玉子かけごはんに・・・


特製醤油でいただきます。
a03fbdb1.jpg


半熟卵入りの薄味の肉吸いに、玉子かけごはん・・・ちょいとタマゴタマゴし過ぎの感あり。
メニューに肉うどんもあるが、これは、あえて選ばなかったし。玉子なしの小ご飯だと、い
よいよ大人しいしなぁ・・・と思いつつ、うん?そーいえば嫁の頼んだのがやけに旨そう。

肉吸い(豆腐入り) 700円
daf262e1.jpg


うどんの代わりに豆腐が入ることで、具だくさんのまさに「吸物」に変身。勿論、半熟玉子
入り。これはいい。これ食べてなかったら、千とせにリピしようなんて思わなかったかも。
大阪食べ歩きで食傷気味の胃腸に染みわたる感じ。ご飯なしで、この一品で事足りる。
箸休め的な・・・際立って旨いという感じではないのだが。次は、絶対、本店に突入やね。

大阪市中央区難波千日前11-6 なんばグランド花月1F

完全に停止してましたね(汗)まだ関西旅1日目でした。
三宮から梅田へ、そして、なんばへ。経緯は前に書いた通り。時系列は宿のチェックイ
ンと、なんばパークス散策の間で2軒。

なんばの千日前付近に到達。まだ夕食には早い時間だが、そこは狙い。前回だっか、
同じ時間に通りかかって「行列なし」だったのを見ていたので、行ってみると思惑通り
で全く行列のない「自由軒」。多い時は行列整理のパイロンが並べてあることも過去に
目撃している。訪問2回目。前回はたぶん2001年なので実に16年ぶりだ。

791f5c93.jpg

3d3334b8.jpg

46c0a210.jpg


メニューの一部。カレーが有名すぎるが、オムライスやハヤシライス、ランチ類もある、
街の洋食店といった感じ。前回は子どもが小さかったこともあってオムライスか、セット
ものも合わせて頼んだような気がするのだが・・・今回は全員が、名物カレー。



名物カレー 750円
236cd34e.jpg


793309a6.jpg


ちゃんと食べ方も店内掲示があるのね(汗)前回は、混みあっている上の子ども連れ。
気が気でなくて急いで食べてあまり憶えてない。なんだかピンとこない感じもあった。
リピ間隔が開いてしまった所以なのだが・・・。 
まずはノーマル、玉子を混ぜつつ、いただく。中辛カレーではあるが、なんというのか
な、出汁の旨味を感じる。玉子の効果でマイルドだが、カレー味の玉子かけごはんチ
ックで、あれ、旨いなぁと。後でHPみたら名物カレーの作り方が掲載されていて、カレ
ーが鍋にあって、ごはんに注いでからわざわざ混ぜている(実はそういうイメージで
いた)のではなく、ソースは2種類別々に用意され、牛肉、玉ねぎとご飯を炒めつつ、
2種類のソースと出汁を合わせて作っていく、いわば、汁チャーハン的作り方のようだ。
方や「別カレー(まぜないカレーとメニューにはある)」は、あらかじめ寸胴に作っていた
カレーをごはんにかける普通のカレーとなっている。

4分の1ほど食べて、あとは食べ方にある通りに、「お好みで」ウスターソースを適量。


前回は、全部、普通に食べてしまったので、ソースは初体験なのだが、ウスターソー
スの酸味が加わり、コクが増してなんとも、いい味わいになる。これは、お好みじゃく
必須ですね。
具のない混ぜただけのカレーと侮るなかれ。空白の16年間で何度、この店の前を素
通りしてきたことか。また食べに来たいな~。

大阪市中央区難波3-1-34 /休むときは月曜日らしいがほとんど開いているようです。

異人館巡った後に坂を下って阪急三宮駅方向へ。お茶でもしたいなー、と見れば、珈琲
の看板。地下に階段で降りたとこに入口が。間口から小さな喫茶店かと思いきや、中に
入ると、なんだかえらく広い。幸い、席も空いていてすんなり座れて。しげしげとウォッチ
すると店内に上に行く大きな広い階段が。構造、どーなってんの?まあ、いいか。



0c613de9.jpg


98f71ef8.jpg

メニュー
ちょうどランチタイムも終盤。もっとも私たちは朝から全開で食べまくってるから、食べ物
には全く興味なし。今にして思えば、旨そうなオムライスやケーキセットがあったのだが。
しかし、息子がパフェを自費で食べるというので(笑)

1ef7ce19.jpg

b7d6676c.jpg


にしむらブレンドアイスコーヒー、にしむらブレンドコーヒー 各550円
チョコレートパフェ 900円
ab205f5d.jpg


ブレンドコーヒー。ひと啜り・・・「あ、旨い」。
最近は濃いめでトゲがあるコーヒーが多いが、マイルドでしかし適度なコクと酸味がある、
喫茶店の定番コーヒー。豆を6種使っているというさけあって、なかなか、味わいが良く。

c60dc463.jpg


ce82ed3e.jpg


パフェはチョコパフェというよりフルーツ盛りだくさん。クリーム多めのパフェ。
5041c430.jpg


しばし休息後、お会計を、と尋ねたら、1階で・・・と。店内の階段を上ると、そこにも喫茶
スペースと、ショーケースには沢山のケーキが。そして、普通に入口があるじゃないか。
阪急三宮駅東口前。大きな通りには小さな入口。駅前に大きな入口。ああ、こっちが、
オモテなんだぁ。
6f0d51f6.jpg

5e2115bb.jpg

01e96744.jpg


なかなか来る機会はないけれど、好みのブレンドコーヒーに、オムライスと、ケーキを食
べてみたいな。

神戸市中央区北長狭通1-2-2 (阪急三宮駅すぐ)

南京町を出て、元町方向へ・・・本来の予定は、北野の洋館へ向かうことにしていたが、
ひとまずセンター街のアーケードを腹ごなしにブラブラ。しかし、伏線があって、本来、
北野洋館巡りの帰り、おやつ時に行こうと思っていた「たちばな」だが、今のお昼時の
方が空いてるのではないか・・・果たして、待ちはあるが、ほんの2,3人。回転は早い店
だし、予想通り、すんなり順番に。10年ぶり、3,4回目の「たちばな」へ。
所在地は三宮町だが、元町駅の方が最寄り駅となる。
f62de9c9.jpg

ab8d63db.jpg


店内はカウンター席とテーブル席。ただし、ちょっと狭い。2階席があるが、1度も2階に
案内されたことがないなぁ。タイミングよいのと、どっちかと言えば完全に時間をずらし
て訪問してばかり・・・我が家のプランニングの極意なんだけどね。
後で知ったが、店内厨房は撮影禁止だとか。商品はOK。

メニューは、たこ焼と、ビール、酒、ワイン。ああ、前回いただいた、自家特製ところてん
も健在。酢醤油か黒蜜を選べて、黒蜜でいただいて、寒天と同じ感覚で美味しくいただ
いた。今回は、パスしてしまったが・・・

87f94a8e.jpg


bd0a0a1d.jpg


まずは、出汁の入った急須と、皿と、刻んだ三つ葉が登場。
ここの魅力は、この出汁じゃないかと思ってる。薄味だがシッカリ出汁が効いている。待
ってる間に、ひと啜り(笑)

たこ焼 1人前(10個)620円
81d6c4c0.jpg


たこ焼・・・こちらは、いわゆる明石焼を、そう呼びます。広島でお好焼きと言うけれど広
島焼とは言わないのと同じかな。フワフワで、箸でもつと崩れそうな感じの生地は、玉子
が多く、小麦粉がつなぎのような感じ。玉子焼ともいわれるくらい。まずは先ほどの出汁
で堪能。タコは小ぶりだけど、存在感がある歯ごたえ。硬いなんて書いてる記事もチラホ
ラ見るが、オイオイ・・・って感じ。明石海峡で揉まれたタコは、身がしまっていて歯ごたえ
があって当然でしょ。我が地元の関門海峡タコも、急流でもまれて脚が短く歯ごたえがウ
リだよ。生地自体は、卵の風味以外は、ほとんど味がしないので、出汁をシッカリつけて
いただく。
c4519530.jpg



で、番外編だけど、ちゃんとソースも用意されている。四半世紀前に初めて神戸の「蛸の
壺」でいただいた時も、同じ食べ方をしたので、「番外」と言うのには当たらないのかもし
れない。甘口と、激辛が用意されているので、交互につけていただく。

caf550bd.jpg


9a1e6fd2.jpg


終いには、ソースをチョンと載せて、出汁に絡めていただいたり。これも、初回にやって
たが・・・そんなこんなで、たこ焼を食べ終わって、最後は残った出汁を全部啜って、終了。


あー、旨かった。デパートのフードコートでも戴けるし、地元にもあるのだけど、出汁の旨
がいいです。満足満足。

神戸市中央区三宮町3-9-4

禁断?の・・・店内写真(ブログ限定ね)
53d94817.jpg



そーいえば関西シリーズが中断してた(苦笑)

神戸中華街で毎回食べているのは、「攤販街」(タイファンチェ)の刈包っていう中華バー
ガー。豚の角煮と高菜を白いフワフワの生地で挟んだ、まあ角煮まんってヤツですが、
締めはここと決めて行ってみたら・・・あれ?閉まってる。確かに水曜定休だが、5月連休
初日でも休むのねー。それに斜め向かいのケンミン食品の店も行列。りゃー、ということ
で、中華バーガーの元祖と言われる、こちら「朋榮」へ。広場と西安門の中間ぐらい。

80753de9.jpg


a3420e28.jpg


発祥の店っていうぐらいだから、蒸し器に常駐しているとと思いきや、なくなってたのか、
それとも、注文後に温めるのか?少々待つことに。

d962a6c7.jpg


割包(クワパオ) 400円
3d07acd2.jpg


角煮肉がやわらかい。ジューシーという表現をよく見かけるが、そうかなぁ。角煮って、柔ら
かくほろっとして脂肪がゼラチン化してるから?なんだが。皮もそこそこフワフワ。まあ、後
発がどんどん良いものを出しているから、取り立てて良いという感じではないんだけど。定
番ってトコでしょうね。地元のお店でも予約すれば作ってくれる店もあるし、発祥ということで
抑えて置いた感じかな。

神戸市中央区元町通2-3-1

南京町広場の真ん中を貫くメイン通りの東西、どちらにも路面店を展開している「龍鳳」。
中華粽(ちまき)で名が知られている(らしい)。元々の店舗はメイン通り東側から路地を
入ったところにある筈だが、ちまき以外の目的である、「果実まるごと氷」。昼前から肉質
のものをずっとつまんできて、そろそろスイーツで口中をリセットしたいしね。そこで、その
大きな表示をしていた西側の路面店(2号店となっている)へ。

d36eaba2.jpg

8f0873ab.jpg


店舗横にイスと簡易テーブルがあって、そこでいただく。
横のお二人、他店で買ったものを座って食べていて。フードコートじゃないんだけど、と
思っていたら、やはりお店の方に注意されてた(笑)

リセット前に、まずは、ちまき(400円)から。
a389ec2f.jpg

bf2c48d2.jpg

5f840e8d.jpg


元々、ちまきって、あまり食べないのだが・・・(汗)
なるほど、角切肉もしっかり入って旨味がぎゅっと閉じ込められている感じだ。なるほどね。
初めて、ちまきを美味しいとおもった。

果実まるごと氷 500円
今回はマンゴー。
de442686.jpg


果実を瞬間冷凍して、削ったものらしい。確かに、果実まんまでしたね。冷たくて、いい。
マンゴーは普段、好んで選ばないんだけど。子どもは、さらに好みじゃないみたいで(汗)
イチゴか、桃にしたら良かったかな(笑)

と、前回2007年に南京町に来た時の記事が本館にあり、本店に行ってたのね。私。
もう、すっかり忘れてるし、ネット情報に頼りながら自分のブログ見てないなんて。その時
に、唐揚げと、ニラ饅頭が旨かったと記載されてる。東側の路面店にはあったかもしれな
いな・・・本店にも、簡易テーブルとイスがあったように書いてるよ。下の子はベビーカーだ
ったし、上の子は小学校低学年。早いもので・・・
次に機会があれば、路地を入って本店に行きたいね。テイクアウトものに強いお店です。


↑このページのトップヘ