北九州〇(まる)かじり!<新館>

ぼちぼち更新中    since 2005.11.16(renewal OPEN 2019.5.6) 

(略歴・笑)
2005.11.16 niftyココログ「北九州〇(まる)かじり!べーやんの雑記帳」開設。
2006.11.25 yahoo!ブログ<別館>開設。ココログを<本館>と改称。
2019.5.6 ライブドア<新館>開設。yahoo!ブログ廃止のため<別館>を移行・<本館>記事も統合し<本館>を<旧館>に改称。

カテゴリ: (食)広島・岡山・島根・鳥取

広島駅在来線側ビルASSE2階に、昨年の3月に開店。元は「第二麗ちゃん」だったらしく。本
店は、新幹線側から10分ほど歩いた光町にあるとか。その本店は以前、「みっちゃん」と言っ
たそうで、ネット情報によると元々は「みっちゃん総本店」の息子さんが開店した、ということに
なっている。現在の店主は、お名前が違うような気がするが・・・詳しい事情はわからないが、
「みっちゃん」の流れを汲む店というのは間違いなさそうだ。ソースは、オタフク。これも「みっ
ちゃん」と同じだが、「みっちゃん」は特製ソースだったから、こちらはどうなのかな。
 
b8cdbb72.jpg

 
「麗ちゃん」で食べた後だったし、今日は食べ続けている(苦笑)なので、お持ち帰りで注文し、
焼き上がりを帰路の新幹線発車時間前にお願いすると、前回、新幹線側で持ち帰りした「みっ
ちゃん」同様、快諾していただいた。ただし、こちらは容器代40円が必要となる。
7568dd6c.jpg

 
ドトールで休憩と時間つぶしした後、受け取りに。「麗ちゃん」の前は、先ほどよりも、すごい
行列になっている。夕方は「麗ちゃん」の行列以外は、「いっちゃん」も他の店舗も、席にかな
り余裕があったのに、どこも満席か、列が出来ている。静かだった「いっちゃんも」てんてこ舞い。
早い時間に頼んでいて良かった。
 
そば肉玉 730円 (容器代別) 
81047658.jpg


帰り着いて、蓋をせずレンジで温めていただく。
作る作業は、チラ見しただけだが、キャベツがしっかり盛られていた。食べてみると、やはりキャ
ベツが多目。味わいは「みっちゃん」と相通じるものがあるが、具は薄味だが、キャベツの甘さを
しっかり引き立て、全体的にあっさり仕上げている印象。旨いよ。これ。
 
持ち帰りしたので、生地や麺の食感が、焼き立てとは当然に異なると思うので、確かめてみたい
なぁ。接客も、元気が良くて気持ちよかったし。ああ、また宿題店を増やす結果になっちゃった。
恐らく、今年のように短いスパンで、しかも長時間、広島市内に行くようなことはあまり無いだろう
し、出かけても1軒が、せいぜいだろう。宿題をすべて終えることはできるのだろうか(苦笑)

予定外の広島城までの散歩を終えて広島駅に戻っても、まだ時間がある。
路面電車の停留所からは、マックも近いのだけど、銀座ライオン近くの階段を降りて地下へ。
新幹線連絡通路方向にあるドトール。隣は前回訪問したロッテリア。その際はドトールが満席
だった。新幹線の改札内にもドトールはあるのだが、持ち帰りのお好み焼を注文済みで(汗)
 
7bf345ac.jpg

 
ブレンドコーヒーSとルーフチョコレートのセット 550円
d424c910.jpg

父と子どもはコーヒーだけで良いとのことで、セットは1つだけだったんだけど・・・ちょっとした
「お茶受け」になればと。が、3人で、分け合って食べてしまった(笑)まさかだったのは父で。
普段、チョコケーキなんて好んで食べないのだが、疲れてたのか、嗜好にあったのか、すすん
で食べていた。確かに、コーヒーに良く合うし、甘さも控えめ。帰ってからも、このケーキのこと
を話しているので、よほど気に入ったんだろうね。
コーヒーはSにしたが、Mでも良かったかな。なにげに水分を欲していたような。。。お冷をいた
だいて、落ち着く。喫煙席、わりと大きなスペースがある。我が家に関係ないけど。。。
接客も、普通に良いし、ひっきりなしにお客が入ってくる。人気あるんだねぇ。ロッテリア同様、
地下にあっっても目立ついい場所にあるし。重宝しますな。
 

広島駅に戻り、再び在来線側の駅ビル「ASSE(アッセ)」。今朝のUCCカフェプラザと同じ2階の
フロアにお好み焼店が数軒連なっている。エスカレーターから進み一番手前が「麗ちゃん」。
広島のガイドブックに、必ずと言っていいほど登場する人気店。少し前は同じフロアに「第二麗
ちゃん」(現在は「いっちゃん」が営業)まであったらしい。 
b9506cef.jpg

 
夕ご飯には早い時間なのだが、祝日と言う事もあってか、すでに満席で、待ちが2人いた。早速
並んで、注文をとられたが、まもなくカウンターへ案内された。ああ、テーブル席に案内されるか
もと、注文の際に「皿でいいですか?」と聞かれて、どちらでもなんて答えるんじゃなかったかな。
どうせなら鉄板のほうが良かったなぁ。 
dd77aee3.jpg

 
546f01b6.jpg


 ガイドブックによく載ってるのはエビとイカが豪快に入った「スペシャル」1270円だけど、オーダー
は、やはり判を押したように「そば入り」(=そば肉玉のこと)(笑)
プロ野球開幕直前、カープ応援フェアーで卵は赤卵使用だとか。
a78e4446.jpg

 
ソースは、カープソース。デフォで塗られてくるのは甘口。辛口も試したが、そんなに辛くもないし
味が締まる感じがした。が、甘口も、オタフクほど甘さを感じない。
eaa3cc62.jpg



42cf6950.jpg

5857d143.jpg


 

 
作り方(笑)見ていて「おっ」と思った点。キャベツの上からラードだろうか、スーッと垂らしていた。
モヤシの上にネギがパラリ。麺は「八昌」と同じ磯野製麺、デポ茹で鉄板に載せた後、ケチャップ
でナポリタンのように味付け。これは初めて見たなぁ。キャベツともやしが同じくらい盛られてるよ
うに見える。ヘラで、ぎゅっと抑えつつ焼き上げる。
f5097918.jpg

そば入り 770円(レシートには豚肉卵そば、とある)
別のお客さんは鉄板希望したのか、たたまれず普通に提供されるようだ。皿はこのように畳ま
れて登場。この状態、なんか、懐かしいなぁ。
大昔(笑)小倉北区の片野市場そばにあった「都食堂」のお好み焼きが、こんな感じで畳まれて
だされていた。こっちの方が分量は遥かに多いが・・・もっとも、今も「一銭洋食」はこんな感じだけ
どねぇ。 


 
作っている時に感じたが、もやしが多いお好み焼って印象。そして、生地は水分も保たれて、
粘りがある。「八昌」のパリッと感とは違うが、もやし量も含めて、すごく「懐かしい」感じがした。
粘りと、もやしの食感と、香りと。うん、なかなか美味しいと思う。ところが、この手のお好み焼を
小さい頃に何度も食べてる自分と、恐らく初めてかもしれない?子どもの感想は、まったく違っ
たもので「青臭かった」と。あー、そう感じるかもねぇ。
食べ終わる頃には、背後に行列が形成されて、2時間後くらいに別の店に頼んでいた持ち帰り
を取りに再びこのフロアに来てみたら、通路を跨いで、エレベーターホールや、階段にまで行列
していた。何事も早めの行動がいいですな。ここまで並んで食べるかと聞かれたら、子どもの
反応からすると、我が家はないかな。空いてる時間なら再訪したいねぇ。 

広島で早い時間にお腹一杯にした後は呉に向かう。「てつのくじら館」「大和ミュージアム」を
見学して、歩き疲れたし、ほんの少しだがお腹も空いた。我慢するほどじゃなく、このままでも
良かったのだが、一応、予定していたし、なかなか呉に来ることもなかろうかと思い、強行(?)
JR呉駅の、すぐ近くにある、創業100年越えという老舗食堂。
 
1f7156b5.jpg


中に入ると、おばさま方(お店の方含めて)が談笑中。のんびり感がいいねぇ。
ショーケースというか、意外とイマドキの冷蔵棚には小鉢や煮物、一品料理が並んでいる。
しっかり食事であるならば、いろいろ食べてみたかったのだが・・・
 
74c15909.jpg

9fae9f87.jpg

 
食堂、って感じの定番メニューが並ぶ。折角なので、呉の細うどんを食べてみたいが、オモテに
貼っていた中華そばも気になるところ。子どもと相談の上、次の2品をオーダー。
 
まずは、玉子うどん 400円
73f68267.jpg


調理中、玉子を混ぜる音が聞こえてたので、想像はしていたが、出されて「わぁ」って声が出た。
ふわっふわ感がすごく良くて。出汁は薄味。パンチが欲しい気もするが、優しい感じが、その
パンチのなさを補って余りある。「ほっこり」する・・・ってのかなぁ。麺は、見た目どおりの食感。
堅さとかカドが、とかいう麺じゃなく、ヤワ目で粘りなく噛める麺。とことん優しいうどん。
 
中華そば 400円
c05c5bec.jpg


トリガラだろうか、薄味のうどんに比べて、醤油がちゃんと主張する感じで普通に味付けされて
いる。が、優しく、妙に旨いのだ。麺は細めの中華麺でコシは少なめ。この細麺にスープがしっ
かり絡む。チャーシューではなく豚バラ肉が入るが、これも味に一役買っているのは明らか。
モヤシ、メンマもよく馴染み、バランスが良い。こちらも、食べると「ほっこり」してしまう。
 
どんな店だろうかと入ってみたが、疲れが癒される感じの「ほっこり」系食堂。
子どもも同じ感想で気に入った様子。近くにあれば、通うよねー。あまり出かけることもなかろう
(しかも遠い)呉にあるのが、悔しいなぁ。
 
広島県呉市中央1-9-3 /定休・日曜

レジェンド「八昌」幟町を開店直後に訪問・食事後は、ちょっとした時間があり。
量の多い「八昌」の直後に食事は流石に無理で、食べログ情報により、あるフルーツパーラー
を目指すが、どうも閉店してしまったのか全くない。食べログ情報の過信は禁物だが、一時滞
在者には目安となるので、つい、頼ってしまう。ミスドやコンビニはあったが、できればチェーン
以外が良いと。気がつけば、また「八昌」前に戻っていた。そー言えば開店前にカフェらしきもの
があるとは気がついていた(営業してたかどうかは憶えていないが)。
入るのには、なんとなくだが、あまり気乗りしない感じなのだが、コーヒーも260円と出てるし、
今朝はまだ飲んでいないし、ヘビーな「八昌」後でコーヒー飲みたい。入ってみることに。
 
d4136e17.jpg


ベーターカフェかと見間違ったが(苦笑)ビーカフェと読むみたいね。
11時少し過ぎ。まだランチには早い時間だが、予想外に、店内は、ほぼ満席だった。
メニューを眺めると、しっかりと食事メニューが満載。コーヒー付きのワリは、なかなかリーズナ
ブルな感じがした。




 
私はコーヒー、子どもはチョコとバニラのアイスクリーム(380円)を選ぶ。
 
fb923ae3.jpg

おっ、コーヒー、なかなか旨い。泡立ちは多いが、エスプレッソ(実は苦手)のように濃くはなく、
いい塩梅だ。UCCの豆も小売してるようだし、ちゃんとしたコーヒー出すカフェなんだなぁ、と。
流行のコンビニコーヒー100円のコスパには叶わないが、何より落ち着けるし、260円なら、妥当
な価格と味じゃないかな。
アイスクリームも、なかなか美味しい(※主に食べた子どもはハッキリ「美味しい」と言ってた)。
食事で利用してみたい気がするが、何度も来ない観光客、やはり目の前の「八昌」が気になる。
今回のように「八昌」の後か、もし、朝からやっていたなら(モーニングがあるらしいから、割りと
開店早いのかも)コーヒーを飲みながら「八昌」の開店前状況を観察するのにもいいかな。
 
開店時間や営業情報を聞いておけばよかったなー。
 
広島市中区幟町10-14 /P・なし

すでに「八昌」については2回ほど書いているが「お好み村」にかつてあった(現在は竹屋町で
代替わりして営業)「元祖八昌」で修行後、中区薬研堀(広島版ミシュラン掲載)に青色暖簾の
「八昌」をオープンし、超繁盛店に育て上げ、その後、弟子に店を譲り、自らは佐伯区五日市
店に移り(こちらもミシュラン掲載)後進の指導をしていた広島お好み焼のレジェンドこと、小川
氏が再び中区で昨年5月から開いた店。路面電車の銀山町(かなやまちょう)電停から、すぐ。
以前は、やはり青八昌と関わりがあったらしい「長久」というお好み焼店だった。
この新店、昼間のみの営業ってことで、これまで(八昌に限らず)ほとんどがスキー帰りの夕方
利用って感じだったので、ずいぶんハードルが高くなっていたが、2月続けて訪問する幸運に
恵まれた。どちらも開店直後を狙った。 
df561f53.jpg

 
Lカウンター+鉄板を備えたテーブル4席の構成。大将と何人かの従業員って感じで営業して
いる。焼き手や従業員が所狭しと居た五日市店とは趣が違う。鉄板はあるが、皿と、コテと箸、
それにオタフクソースが配膳される。マヨネーズは、レジ横の棚にあるので、断ってから自分で
取りに行く。我が家は(大阪風博多風なら使う)、ここではスルー。
 
メニュー お腹が空いて焼きあがり待てない方は、すじポンあたりをツマむのも定番です。
1798f6fe.jpg

7211ce52.jpg

 
さて、今回の訪問2回の内、どちらをメインにしようかと思ったのだが、2月の初回訪問時をメイ
ンに書いていきます。ってのは、3月の訪問時には、2月に見かけなかった従業員(いろいろ叱
られてた・笑)が一部焼いていたことと、奥のテーブル席に座ることになり焼く様子があまり見
えなかったこと。出来栄えが若干違ったこと。何より2月は、そのほとんどをレジェンドが目の前
で焼いてくれたことにある。作り手でずいぶんと印象が違うんだなー、と改めて思った次第。
 
35e053bf.jpg

5bcfb597.jpg

クレープ状に延ばした生地に、塩と魚粉?をかけ、キャベツ、モヤシ、揚げ玉(天かす)、豚肉
を載せ、つなぎの生地をたらす。適当な頃合で、そのまま返して蒸し焼きにする。「八昌」の真
骨頂はこの「蒸し」。じっくりと時間をかけて、でもキャベツが焦げないように、半透明になるまで
途中、ヘラで押さえながら、じっくりと蒸す。キャベツは、確か、九州(長崎?)産だったか、こだわ
りがあるものだが、じっくり蒸す作業でキャベツ自体の旨み甘味がでてくる。 偶に(作り手?)焦
げる時があるけどね・・・基本の「そば肉玉」以外は、それとわるように上になった生地の上に、
ケチャップ等で印をつける。「
85d78be8.jpg

c515e60f.jpg

94a4dd51.jpg

 
「野菜肉玉」・・・そばなしのこと。青八昌系列は他に比べて、ボリュームのあるお好み焼きが
特長なので、この後、披露宴出席の予定もあり(オイオイ・汗)同行の子どもは、そば抜きで頼
んだ。「八昌」では、初めてじゃないかなー。
観察していると仕上げの卵・・・「八昌」の特長の一つでもある「二黄卵」を通常のそば肉玉だと
1個(黄身2個)のところ、2個(黄身4個)使っていた(驚)軽く、ちょんと黄身をコテの角でつつい
て、さっと崩して、本体(生地は上向きのまま)を載せる。すぐに返して、卵の上にソース(オタフ
クソース)を塗り、仕上げにギャバンの胡椒と、青海苔を振って完成。
 
一方、定番・・・というか、ほぼ毎回、メニューも見ずに頼む「そば肉玉」。
「蒸し」の作業中に生麺を別に茹でる。麺は「いその(磯野製麺所)」のお好み焼専用中華麺。
デポで茹でて湯切りした後、そのまま鉄板へ。ラードを垂らし、胡椒をかけ、軽く炒めてしばし置
く。その上に、本体(生地、上向き)を載せ、傍らで卵を1個を割り鉄板へ。そこから「肉玉」とは
違い、二黄身卵は「つぶさず」目玉焼き状態で、先ほどの麺と一体になった本体へ載せる。
しばらくして、返し、卵の面が上になったところへ、ソース、胡椒と、青海苔。
ちなみに「うどん」の場合は麺を袋から出してそのまま炒める行程。やはり、「そば」かなぁ。
8c70134c.jpg

1b81d59d.jpg

517feebb.jpg

「野菜肉玉」 756円
f0107b51.jpg

そば肉玉 864円
f9833d07.jpg

a222370b.jpg

11a034ee.jpg

麺は表面パリッと、中は、水分を残すタイプでバリバリではないので、それも旨いしボリューム
に輪をかけるのかも。卵を返すタイミングと、返すときに卵が潰れるか潰れないかで仕上げが
ずいぶん変わる。バッチリな時は、わかり難いかもだが上の囲み部分、半熟の黄身がとろん、
と流れそうになる仕上げ。ちなみに下は断層(卵、そば、肉、もやし、キャベツ、生地)が良くわ
かるが、卵がしっかり焼けてしまった3月の場合(笑)
d8234791.jpg

 
一方、キャベツの火の通り具合の話、このように綺麗に蒸されてますな。

 
鉄板の上で食べていくこともあって、半分くらい以降は、一番下の生地が、薄い煎餅のように堅
くなる。パリパリではなく、堅い。そこは微妙に好みから外れるけど、それも「八昌」。
 
子どもの「肉玉」を手伝いながら、子どもには「そば肉玉」を少しわけて食べていると、レジェンド
が「そば入りの方が美味しいやろ?」と子どもに話しかけてくれた。初めて会話したよ(笑)
 
レジェンドが焼くお好み焼は、五日市時代に訪問6回中で1回だけ経験したが、ここでは今のとこ
ろ、レジェンドが自ら焼いてくれるチャンスが多いかも。タバコを吸いに店の外(オモテ)に出るこ
とが多いが(笑)
もうずいぶん高齢かと思うので、なるべく行っておきたいものだ。
 
広島市中区幟町14-17 /定休・日曜と月曜 ただし火-土の祝日は営業 /P・なし

新幹線が早すぎて、活動開始にはまだ時間がある。改札を出て、広島駅在来線側の駅ビル
「ASSE」に向かう。その2階にある喫茶。朝、このフロアでは営業してるのは、ここだけなんだ
けど、他はと言えば、飲みどころと食事処と、お好み焼店がズラリ。おそらく、9時間後には、
そのどこかに居る筈なんだけど。
タイミングよく入れたが、出るこころには、お店の前に待ち客がいた。人気なんだねぇ。
 
10d65373.jpg

 
モーニングメニュー。コーヒー単品450円に対し、コーヒーが付くモーニングは470円からある。
さっき、うどん食べたばかりだからねー(笑)勿体無いが、モーニングは1つだけ注文し、あとは
コーヒー2杯。


 
ハムたまごサンドウイッチモーニング 520円
d4f67e3e.jpg

ちょいとパンが乾燥気味のような感じがしないでもないけど、薄味のタマゴサンドで、なかなか
の味わい。
6814c6b8.jpg

2fa8c242.jpg

コーヒーは、若干の酸味がある、好みのタイプ。1杯ずつサイフォンから注がれる。これ見た
だけで視覚刺激。目で見て楽しみ、飲んで美味しいコーヒー。
接客も悪くない。ただ、忙しいから、気配り漏れもあるかな。問題ないレベルだし、旨いコーヒ
ーで私達は満足でした。

↑このページのトップヘ