北九州〇(まる)かじり!<新館>

ぼちぼち更新中    since 2005.11.16(renewal OPEN 2019.5.6) 

(略歴・笑)
2005.11.16 niftyココログ「北九州〇(まる)かじり!べーやんの雑記帳」開設。
2006.11.25 yahoo!ブログ<別館>開設。ココログを<本館>と改称。
2019.5.6 ライブドア<新館>開設。yahoo!ブログ廃止のため<別館>を移行・<本館>記事も統合し<本館>を<旧館>に改称。

カテゴリ: (食)広島・岡山・島根・鳥取

広島市の歓楽街・流川のビル2階にあるお店。大きなカウンターと広いホールにテーブル席
を備えた、ワリと大きな店。赤地に白の文字。「赤八昌」っていうのかな。偶々、近くで飲み会
があり、すぐ近くだと聞いてやってきた。
 
063cdf9d.jpg

 
おさらい(笑)
じつは、この日の午前中、八昌・幟町店に伺っている。ミシュラン掲載の有名店「八昌」・・・
青地暖簾に白文字のいわゆる「青八昌」と呼ばれる系列。その創始者である、広島お好み焼
界のレジェンドとも称される方が、中区薬研堀店、佐伯区五日市店を経て、昨年5月から再び
中区幟町で奥様と昼間だけ営業している店だ。私は五日市店に数回と幟町店に1度、伺った
ことがある。
一方、赤のれんの八昌という一派もある。「赤八昌」と呼ばれているが、この2派は、どうやら
全く関係がない赤(青?)の他人ということである。
「青八昌」の創始者が修行したお店が、お好み村にあった、屋台発祥の「八昌」。その修行先
である元祖「八昌」はお好み村を出て竹屋町へ。代替わりしたが、今も営業しているとか。
ネットで画像を確認したら暖簾は白地で、お店のテントは赤地。ややこしい(笑)
移転した後の「お好み焼村」の同じ場所に入ったお店が、どんな経緯か知る由もないが、「八
昌」の屋号をそのまま称した、それが、赤「八昌」。その暖簾わけが、流川店ということらしい。
ただし、ほとんどが、ネットやその他からの情報につき(汗)
 
前置きが長くなったが、訪問した時は、この話、なんとなく知っていただけ(笑)
昼間、レジェンドのお店で食べているので、いい機会と思ったのは確かだけど。
 
メニュー
bd827b32.jpg

 
当然に、ベーシックな「そば肉玉」を。
店内は、活気があるねぇ。飲み屋街ということで賑やかなのはあたりまえかぁ。今から飲む人、
呑んでからきた人、様々。鉄板上も大忙し。 

こりゃ、時間かかるだろうなぁ、どれが自分のかなぁ、とじっくり構えていたら・・・
え?もう出来上がったらしい(汗)10分かかっただろうか?嫌な予感・・・
8ab2474c.jpg

コテで、トントンと割ってみる。
ああ、やっぱり・・・

 
キャベツの蒸らしが、ちょいと足りないなぁ。白っぽい。最低限の火は通ってるって感じ。
忙しいし、飲み客相手だし。じっくり焼いて甘味を引き出す、なーんて、期待するのが間違いか
な。お味の方も・・・ね。正直と言うか、雑な感じがする。もちろん悪くはないし、初めて食べる人
なら、十分、美味しいと思うけど。ただ、遠く離れた北九州で、美味しい広島焼の店あるし、広
島でも何店かで食べてると、普通ちゃ、普通すぎて、感動ないかなぁ。
卵は普通に1黄卵。コテで押さえて焼くタイプ。ソースはオタフク。
カウンターでも皿と箸とコテが配膳される。地元のツウは、カウンターでコテだけで食べるらしい。
ツウではない、我々観光客には、当たり前のようだが、ありがたい。
その地元の方と思われるお客さんも多いし、人気であることは確か。広島お好み焼入門という
意味では、遅い時間でもやっているし、ボリュームも青八昌系のように大きくなくて標準的。
飲み会の後でも雰囲気を体験できるお店だと思う。
 
広島市中区流川町8-20-2F / 無休

広島編は後回しの予定だったのですが、コレは時期を逸してしまいそうなので・・・
と、すでに、この期間限定品は2月いっぱいぐらいで販売終了になっているはず。
ま、いいかぁ。
 
広島駅新幹線口と在来線側の連絡通路、在来線側の駅ビル「ASSE」地下にある店。
 
ed514216.jpg

 
ちょっとした時間があり、休憩に利用。コーヒーとかドリンクだけの利用のつもりだったが、
この期間限定品が目に止まった。
 
98fcf1b0.jpg

「かっぱえびせん」とのコラボメニュー。
かっぱえびせんバーガーと、ふるぽて(かっぱえびせん風味)
全国販売なので、別に、広島の・・・というわけではないのだけど。。。食い付いた(笑)
なぜかと言えば、かっぱえびせんの販売元・カルビーは、元々、広島で産声をあげた会社。
昭和24年から48年まで本社は広島。その後は東京に本社移転。
古い話・・・(笑)
「仮面ライダースナック」の「ラッキーカード」が出たら、郵送して後日カードアルバムがもらえ
たのだけど、送り先が最初、広島だったのが、途中、東京に書き換えられたカードを見たこと
がある。カードの数は少ないのに、アルバムを何冊も持っていた。なぜかといえば仮面ライダ
ースナックが駄菓子屋に入荷してすぐのタイミング、スナックを買えばカードを1枚もらえるのだ
が、決まって、一番端を貰う。ここにラッキーカードがあったのだ(笑)話、逸れてる・・・
 
要は、創業の地で、このコラボを試すことに意義を見出した、ということで。
 

e233861a.jpg

2f916e49.jpg

6459f233.jpg

ハンバーガーは、エビカツバーガーであり、あまり、かっぱえびせんという感じはしなかった。
フライドポテトは、添付のパウダーを振って、シャカシャカするタイプ。
はじめの方は、「あ、かっぱえびせんだぁ」てな感じで、止められない止まらない・・・と言い
ながら食べていたんだけど、これって、小サイズなのに、食べ終わる頃には飽きていた(苦笑)
しかも4人で1個だけだったんだけど・・・
味が強すぎでしたね。
 
ネタということで・・・(苦笑)
 
ちなみに、私、学生時代に博多駅ロッテリアでバイト(厨房内調理)したことがあり、結構、贔屓
なんですが・・・これは、ちょっと・・・(汗)もちろん、店員さん、バイトさん、みんな元気で気持ちの
よい接客でした。
 
余談ですが・・・
一番はしっこ作戦は、カルビーに限ったことでなく、竹下のブラックモンブランの当時大金(笑)
500円の当たりとか、森永のチョコボールのおもちゃの缶詰「金銀エンゼル」とか、よくゲットして
ましたね。今は、ちゃんとシャッフルして出荷されているようですが。チョコボールなんて10数年
前まで、大丈夫でしたから・・・
 

レジェンドのお店で

4ca1163b.jpg


d69850a1.jpg


4a1d7b5d.jpg



今からいとこの結婚式(笑)

うーん、これもUPしてなかったかー(汗)
門司港のお店一気UPのための画像整理中、発見(苦笑)
この店をUPしないと「広島お好み焼」が書けないので、いまさらUPです(汗)
  
37957f01.jpg


元々の赤のれん「八昌」で修行して広島市中心部の薬研堀に、いわゆる青のれん「八昌」
を作り、名をとどろかせた大将が、その店(薬研堀)を弟子に譲り、自らは、郊外の佐伯区
五日市に店を構え、若手の育成をされていた・・・のが、2014年春まで。
広島市中心部に近い幟町に新店を作り、大将はそちらに移った模様。
五日市店には恐らく5、6回は出かけた。実は薬研堀は一度もなく。いや、1度機会があっ
たがあまりの行列に諦めてしまった事が。。。
五日市店で一度だけ、その大将に作っていただいたことがあるが、あとはすべて弟子。
が、これまで広島で食べてきた、どのお好み焼よりも美味しくて、ここ数年の我が家のお
気に入りとなった。「ミシュランガイド広島」にも掲載されているお店だ。
 
9120100a.jpg

e703c20e.jpg

基本は、そば肉玉(810円) →ほとんどコレしか食べてないけど。
 
手順ウォ;ッチは省くが、出来上がったものは、下から生地、キャベツ、モヤシ、肉、そば、
卵の層となる。天玉とつなぎの粉は省略(笑)
押さえに重石や、蓋は使わず、ヘラで抑えながら蒸し焼きにする。そばは、半生めんを
ゆでて、ギャバンの胡椒等を振りかけて軽く炒める。うどんの場合は袋から出してその
ま炒めて使う。卵は、黄身が2個入った二黄卵を使っているが、見ていると偶に黄身が1つ
の場合もある。黄身をヘラでちょんと潰すお店もあったり、鉄板上でかるく延ばす店もある
が、こちらは「目玉焼き」のように、原型をとどめた状態で、その上にお好み焼を乗っけて、
返してフィニッシュ。ソースはオタフク。
マヨネーズは、備付けはなく依頼すれば出してくれるが、やはり、広島ならば、マヨなしで
味わいたい。
999f03f9.jpg

 
d52c211b.jpg

9632e029.jpg

 
8515e56e.jpg

0e1de7dc.jpg

cd6002b3.jpg

 
こちらのお好焼きは、非常にボリュームがある。1つ食べると、もう要りませんって感じ
なのに子どもが食べきれないものが回ってくる。必死に食べる(笑)
押さえてはいるが、ふんわりとした仕上がりで、蒸し焼きにされたキャベツの甘味を感
じ、二黄卵の半熟具合を目で見て楽しみながら、追加のソースに付けていただく。
最後に行ったのは、すでに、お弟子さんに引継いだ後だったはず。どすんとした感じは、
ややなくなった感じはしたが、それでも、十分に旨い。
スキー帰りだと、中心街より、山陽道から近いこちらの方が寄りやすいのもあったのだが、
大将が移ったとなると、今後は悩むところ。また、こちらは店外の行列はさほどないように
見受けられるが、店内で椅子に座って順番待ちする。1枚焼くのに20-30分はかかるので、
あまり回転は早くはない。気長に、時間にゆとりを持ってお出かけを。
 
広島市佐伯区五日市中央1-3-33 /定休・月 /P・店舗前と裏手にあり

TS290037  JRの連絡船に乗り、宮島入り。宮島に来るのは初めて。下調べもなにもしてないものだから、「うえの」で頼んだ駅弁も「1時間後に来ます(キッパリ)」・・・失敗だった(笑)行きも帰りもちょうど渡船が出港時刻であったのに往復で50分はかかっている。なんでこんなに人多いの~と思ったら「かき祭り」・・・神社までも結構距離がある。印象では、桟橋からすぐ・・・甘かった。そして鹿の群れ。あとで聞いたけど、厳島神社と鹿ともみじ谷は宮島観光のメインだとmomijidou(笑)下調べどころか、非常識だったと気がつく。そーいやサザエさんのオープニングにあったかも。もっと驚いたのは・・・もみじ饅頭のお店の多いこと多いこと。ざっと見て20軒くらいはありそう。てっきり、みやげもの売店が軒を連ねる感じだろうと思っていたが、大宰府の梅が枝餅以上の、製造・直売のオンパレード。いや、参った、驚いた。いままでお土産にもらったもみじ饅頭って3社ぐらいだったような。それがすべてという感覚だったから、もうパニック。神社までの行きは海岸沿いをベタに。参拝は手早く済ませ(笑)帰りは山手の参道沿いを通り、品定め。なんだか行列が出来ている「あげもみじ」なる商品を店頭で実演販売している、この店にたどり着いた。創業が明治45年というから老舗なんだろう、と安易に。過去経験していたような茶色くてパカッと割れるもみじとは違う、柔らかさと粘りのある生地、色も茶色というより、黄土色に近い。おいしい~。こしあん、チョコ、クリーム、アーモンドとあったけど、やっぱりこしあんがおいしかった。チョコはクリームというより板チョコが入ったような感じでこれもいけた。しかし、参拝もいいかげん、カキも食べない、「あげもみじ」のお店に行っては買わない、この家族って一体・・・(アセ)帰って見つけた、もみじ饅頭研究のこんなHP、宮島でしか買えない銘柄も多し。いや~やはり何事も事前研究は必要ですね。。。(反省)

紅葉堂 本店(宮島限定)  もみじ饅頭(70円→バラ売り価格)

<データ>広島県廿日市市宮島町448(リンクの地図位置はかなりアバウト・現地確認) <メモ> 今回・A(かなり旨い) /リピート・B /訪問履歴・初回

uenoanago今日は朝からまずは子供達を路面電車に乗せてあげた。自分たちの世代は散々乗っているので珍しくもないが、北九州から専用軌道じゃなく本当の意味の路面電車が消えてもう久しい。もはや知らない世代である二人は大はしゃぎ。原爆ドーム前までの短い「乗車」だったが満足したようだ。上の子は原爆ドームより反対側の広島市民球場の方が気になるようだ。まあそんなものだろうな。理解できる年齢になったらゆっくり見せに来よう。

高速道路のように立派な国道2号を西に宮島口へと向かう。目的は、ここ「うえの」。駅弁の「あなごめし」はここが作っている。広島のカキは有名だが、そのカキの養殖下で育ったアナゴもかなり有名。「みっちゃん」で書いたけど我が家はあまりカキ好きではなく、この後宮島に渡り年に1度の「カキ祭り」なるイベントがあっていたのに見向きもしなかった家族である(笑)むしろ古くから注目していた「あなごめし」だったけど日帰りスキーはいつも遅い時間しかココを通らず、駅弁も食べたことがない。やっと念願かなうって感じ。まだ早いしお店が開いてなければ宮島口駅前の駅弁を買って食べるつもりだったけど、桟橋の方にあるお店はちょうど開店したところだった。遅い朝ごはんであるが、かなり贅沢な朝ごはん。あまり甘くなくやや辛めのタレが掛けられた、あなごとご飯が美味しい。期待したほどアナゴは脂プリプリという感じではなく直火で余分な脂を抜かれたような感じの上品な味わい。ご飯は量が多く、これでもう十分という感じだから、ふつうより小を選択するのもいいかもしれない。ここでも頼めばお土産用に「駅弁」にしてくれるが多少時間がかかるので、宮島観光前に頼んでおくといいようだ。実家のお土産にと、頼んで桟橋に向かう。入店時はお客さんも他に数組いただけだったが、食事が終わって出る頃にはもう、かなりの待ちができていた(驚)

うえの  あなごめし 1470円  (駅弁も同価格。小は、1260円)

<データ>広島県廿日市市宮島口1-5-11  /定休・水曜 /P・なし 付近1日駐車1000円くらい <メモ> 今回・A(かなり旨い) /リピート・Aランク(→) /訪問履歴・初回 /子供連れ○(テーブル席 )

kyara東広島市に住む中学時代の後輩と7時に東急ハンズで待ち合わせしていたが、宿に入ってゴソゴソしてたら間に合わない。先に並んでいるから来てね~と。今日は祝日だけあってすごい行列になっていた。いままでここに数回来ているがこれだけ多かったのは初めてだなあ。

広島といえば、お好み焼。薄く延ばした生地にどっさりのキャベツや具材を重ね、つなぎの粉を垂らして、ひっくり返し蒸し焼きにする。ころあいを見計らって、別に焼いた麺(そば、またはうどん)の上にすくう。さらに玉子を鉄板に落とし、コテでつつきながら延ばし、その上にまたお好み焼を載せ、返tokuseiしてソースを塗って完成。同行の後輩によると、初めて同僚とお好み焼きを食べに行って、聞かれたのが「そばにする?うどんにする?」だったとか。ここはうどん屋じゃないのにと、さすがに面食らったらしい・・・本来はテーブルではなく、鉄板を目の前にしてこの業を見るのが楽しいのだが、子供連れにはどうも難しい。「みっちゃん」は、「総本家」系列が一番メジャーかもしれないが、ここは、みっちゃん創設の地に店舗を構えているとか。テーブル席もあるので毎回ここを利用しているが、一番高い特製で、食べ比べたわけではないが総本家より500円安い1000円で食べられるのが魅力。それに本来、マヨネーズは出さないのが広島流らしいが観光客の要望なのか頼めばマヨネーズも出してくれるらしい。

kakiyakiそれくらいきちんとした対応をしてくれるお店なのだが、今日はどうしたことか、前のお客がごっそり出たのになかなか店内に案内されない。結局並んで1時間後、ようやく通されて、着席後すぐに注文の品が出る。カキは実は苦手なのだが、ここカキ焼香ばしくて、おいしくいただける。良かったのはここまで。カンジンのお好み焼きが麺がカリカリで焦げも見える。明らかに焼きすぎだった。どうも店内案内の不手際で長~く焼かれていたものと思われる。いつもは足りないくらいに感じるのに、今日は残してしまった。子供たちもそう。帰り際、カウンターのお好み焼きは明らかにふっくらしている感じだった。これはいただけないなあ。実は今回、別のお店に行こうとも思ったのだが、ブログを始めたし、子供がテーブルに座れることを知っていたから、来年は別のお店を開拓することにして、今年はあえてこちらを選んだのに・・・こりゃ~、またリベンジしなくちゃいけなくなったなあ(苦笑)ここはオタフクではなく特製のカープソース使用?かな。→情報求む

新天地 みっちゃん  特製デラックス(生イカ、生エビ、イカ天、そば) 1000円  肉玉+そば 700円  カキ焼 800円

<データ>広島市中区新天地6-12(天満屋よりパルコ方面、ヤマダ電機前) / 定休・月曜 / P・なし  <メモ> 今回・C(普通) / リピート・A(↓) / 訪問履歴・C /子供連れ○(テーブル席あり)

↑このページのトップヘ