北九州〇(まる)かじり!<新館>

ぼちぼち更新中    since 2005.11.16(renewal OPEN 2019.5.6) 

(略歴・笑)
2005.11.16 niftyココログ「北九州〇(まる)かじり!べーやんの雑記帳」開設。
2006.11.25 yahoo!ブログ<別館>開設。ココログを<本館>と改称。
2019.5.6 ライブドア<新館>開設。yahoo!ブログ廃止のため<別館>を移行・<本館>記事も統合し<本館>を<旧館>に改称。

カテゴリ: (食)香川・徳島・高知・愛媛

香川土産の定番と聞いていたが、SAには意外や、置いてなく(大袋は金毘羅でも良く見たが、
小袋があまりなかったような印象)「うどんぴっぴ」
 
「おか泉」と同じ、宇多津町の製麺所(うどん店もあり)が販売しているもの。
讃岐うどんのスナック菓子です。
 
 
5cb17818.jpg

 

これ、なかなかに、旨かったです。シンプルな塩味(うす味)の方が好みでしたね。
 
もう一つ。
 
e15b14b1.jpg

 
画像は「おか泉」のものですが、七味です。
うどんには「一味」、蕎麦には「七味」なんて、よく聞くのですが、今回、訪問した5店すべて
七味が置いていました。
豊前裏打会系のお店を除き、両方あれば、私は「七味」を使う派です。
 
なので、前出の説に納得いかなかったのですが(笑)香川では、そんな感じで、ちょいと、
嬉しかったです。
 
もっとも、うどんって、福岡発祥という説もありますからねぇ。。。
 
ちなみに、一番好きな七味は、浅草「やげん掘」なんですが、最近は調合済みのものしか手に
入りません。小倉では・・・以前は、井筒屋の催事で実演販売もあって、中辛・チンピ多目で、
調合してもらっていたのですが・・・

香川でのラストうどん、ラスト食事は、瀬戸大橋の袂・坂出市にほど近い、宇多津町の有名店、
「おか泉」。本日うどん5ケ所目にして、初の一般店。これまで、製麺所とセルフばかりだった
ので。当初の予定より30分、早く着いたが、心中は、夕食タイム前に少しでも早く着きたかった
ところ、骨付鶏にてこずり(笑)結構なロスタイムが生じた。元々、行列必須のお店、すでに長い
行列が。ざっと見て40人以上は居る(汗)18時10分のことだ。
 
 
55687639.jpg

 
さて、あまりに長く並ぶと、この後が困ったことになる。今日の宿は、瀬戸内海の向こう、岡山
市に確保している(ホントは香川で確保したかったのだが、タッチの差で逃し。ココはツキがな
かった)。あまりに遅くなると、昨夜から仮眠しかしていないし、疲れも出る。宿への連絡等、
煩わししい。すぐに並んだものの、どうしようか、諦めようか、と葛藤が始まる。息子は、むりじ
ゃねぇ?(イマドキのアクセント)なんて言い出すし。が、冷静に観察していると、意外と動きが
早い。並んでる最中にメニューが回ってきた。しばらくすると、注文を聞かれた。
セルフと違い一般店だけに、従業員も居るし、行列には慣れているのだろう、非常にスムーズ
に捌いていく。入店したら、すぐに注文したものが配膳されてるし、うどんだけに食べるのも早
い。30分ほど並んだら、店内に案内された。つまり、予定時間どおり(笑)
 
メニュー
 
cc795cd5.jpg

fbe9f75c.jpg

 
 
並んでた時に裏まで見てなくて。コチラは、「おろしざる」と言う名の、海老天ぶっかけが名物。
しかし、普通に汁うどんのラインナップもあるし、お子様うどんなんてのも。と言うのも、一番、
食の細い娘が、限界に近い状態で・・・骨付鶏は良かったが、その前の、山下うどんが効いた
らしい。ということで、おろしざる×3に、「表」のメニューから、ただの「ぶっかけ」をセレクト。
しかし、事前情報で、コチラはあくまでも「ぶっかけ」と言わず「ひや天おろし」と言ってる・・・
主旨のネット情報があり、信じ込んでいたのだが。
 
まずは、シンプルなぶっかけ(冷)389円 ・・・一般店なのに、コレは安いんじゃないか?
 
 
21a404d8.jpg

 
名物の「ひや天おろし」 972円  コチラは情報検索段階では、ちょいと高いという印象だった。
なので、高級店かと思っていたのだ。
 
 
d3a65db2.jpg

 
 

 
 

 
 
つややかな麺。堅さは、さきほどの「山下うどん」と同じくらいと思ったのだが、つるつる感が
加わる。素朴さを残しながら洗練された感じ、というのか。柔軟さを併せ持つ感じかなぁ。
その分、食べやすく感じる。さすがに人気店、旨いじゃないの。
ぶっかけと、ひや天おろしの違いは、出汁がかかってくるか、自分でかけるか、の違い?
それは天ぷらがあるからで、お好みで、ということなんだろう。確かに、どちらも「ぶっかけ」
ではある。天ぷら、特に海老天が美味しかった。これ、良い海老使ってるんじゃないのかな、
つやっぷりっとした、旨みのある海老天だった。シンプルなぶっかっけ(食べるのを、お手伝
いした)も、また違った良さがある。諦めずに食べて良かった。
 
香川県綾歌郡宇多津町浜八番丁129-10 / 定休・月曜火曜(祝日営業)

残る、本日予定最後の麺・・・に向かう前に、ちょいと寄り道。時間があれば試してみたい、ど
うせなら総本店で、と思っていた。実は、出発した「山下うどん」と同じ善通寺市の総本店より、
お隣の市にある丸亀店の方が距離も方向も近いと言う位置関係、かつ、若干、大回りになる
のだが。4車線の国道11号線に出て、坂出方向、左手に見えてくる。こちら15時から営業。
香川の新名物「骨付鳥」の専門店だ。
 
0593df0c.jpg

 
 
親鶏と若鶏があり、各750円 他にもメニューがあったが撮り損ねた(笑)
 
eaf1536d.jpg

 
 
車に戻り紙製のパッケージをスライドさせると・・・
 
 
89fa9d49.jpg

 
ものすごくジューシー。
ハタ困った。。。箸もナプキンもないじゃん。狭い車内、テーブルもない。。。
 
ということで、急遽、物資の調達。悪いことに渋滞に嵌ったが、遠くに見えた看板を頼りに
国道から県道へ。無事に物資を調達し、そこの駐車場で(爆)運転席のシートの上に置き、
家族で代わる代わる、車を降り、外から運転席上の鶏を試食会。異様な光景(爆)
 
まずは若鶏
9ad65b36.jpg

 
 
ニンニクとスパイスが香ばしい。やわらかくて、ジューシーだけど、余分な脂は落ちてるから、
しつこさはなくて、すんごい美味しい。あちゃー、ビールが絶対に合うぞ、コレは。今回は、お
茶で我慢。。。
 
親鶏
 
45e2e02e.jpg

 
こちらは、切れ込みが入っている。そう、堅いのだ。が、噛めば噛むほどに味が出る。宮崎の
地鳥炭火焼みないな感じ。こちらも旨いが、このようなシチュエーションで食べるには、ちょいと
苦労した(汗)
 
実のところ、あまり期待してなかったのだが・・・予想を越えた旨さに、ちょいと驚いた。
真空パックは売っていたが、チルド保管が必要で、今回は断念したが(これから1泊予定なので)
通販があるので、機会があればお取り寄せしてみたい。だって、コレでビールが飲みたいから。
 
食べ終わって、さて、出発と思ったトコで、いきなり地元のご婦人に話しかけられた。。。
北九州ナンバー・・・見ての(笑)よかった、食べ終わっていて(汗)
 
しかし、気さくに話しかけてくる方、多いなぁ。
 
香川県善通寺市下吉田町889-4 /定休・水曜日
 
 
国道から県道に流れたら、その後、スイスイと目的地に・・・まだ、ツキがあるようだ。
 
 

金毘羅を後にして、再び善通寺市へ。琴平町のお隣で、金毘羅から距離はわずかに6キロほ
ど。今回、主に行った丸亀市、善通寺市、琴平町はメチャ近い。そして、山下うどんは、今朝
一番で訪れた「大平製麺」から、約1.5キロの至近距離にある。ちなみに、わが愛車のナビは
ちょいと古いので、山下うどんも旧店舗を指し、一度、山下うどんの現店舗の前を通り過ぎ(笑)
さらに大平製麺に近い旧店舗(現存)に到達。あ、やっぱりさっきのトコだ、と(苦笑)
 
44d643dd.jpg

 
caa8e1e5.jpg

 
コチラは午後6時半までの営業と言うことで、この時間帯に組み込んだが、売り切れ終了
したないかと、内心、ヒヤヒヤしていた。午後4時半、普通ならアイドルタイムであろう時間
だが、車も多く店内はお客で埋まっている。幸いと言うか、ここも(この時間が良かったのか)
外で行列することはなく、店内で数人の列に並んだだけで済んだ。高速の複数のSAでも、
お土産うどんとして店頭に並ぶほどの人気店だから。
 
a30f8c16.jpg

 
お盆を手に、おでんコーナー、天ぷら類の棚を経てうどんを受取り、お会計。並ばずには済
んだが、さすがにこの時間、天ぷら類は、ほぼ完売。最後に1つだけ残っていた天ぷらをゲ
ットした。コチラはぶっかけが評判。冷たいぶっかけ、出汁も冷で頼む。肉ぶっかけや、熱い
ほうではカレーうどん、湯ぬきうどん(熱いぶっかけ)もチラチラと見かけた。
 
テーブルに生姜、胡麻、七味。あとは醬油。
4de39dd0.jpg

 

 
 
冷たいぶっかけ(小) 280円 と、ラストの天ぷらはイカ天。
 
043b9099.jpg

 
 
034d65a5.jpg

 
 

 
 
本日4麺目。画像で見比べていただけたら、それだけでも判るかと思うが、角がハッキリした
麺。やや平たい断面を持つ。どういうわけか、朝から段々と、軟から硬派と(偶然にも都合よく?)
なってきてるが。歯ごたえはあるが、抵抗がメチャ強い、という感じではない。麺が平たいから
だと思うが、おっ、ぐにゃん、という感じ。
ローカルな話しで例えれば、北九州・小倉の更新うどんは、もう少し太い麺であり、そこで、
ざるうどんをカタ麺オーダーした場合の方がずっと麺に抵抗感がある。小倉の西の区境近く
ににある、某メチャ堅いうどんを経験したことがあれば、あの噛み切れるの?と思える堅さより
は、全然、やわらかく、ずっと心地がよい歯ごたえと、素朴さと、小麦の風味が楽しめる麺だ。
そしてレモンの酸味が、引き立て役に徹して、後味サッパリといただけるので、スルスルと胃
に収まる。最後は胡麻を入れて、さらに味が引き立った。
 
私と嫁は旨いと思った(場所は違えども過去にもっと堅い麺を経験済み)が、息子は堅さに戸
惑い、娘は、お腹にズシンと来たようだ。
 
私的には、偶然とはいえ段々と堅さを増す選択が出来て、何より旨かったので大満足。実家
への、お土産用も買い求めた。
 
香川県善通寺市与北町284-1 /定休・火 /P・あり 

琴平町・金毘羅参道手前、アーケードの商店街にある精肉店。ガイドブックに載ってたんでチェ
ックしていたが、偶然、駐車した場所の関係で、金毘羅への往路で探さずに見つけていた。復
路は当然のごとく、立ち寄り。
 
9da0d7bf.jpg

ed0f6346.jpg

 
ガイドに載ってたのはコロッケだったけど、他にも色々あるんだねぇ。息子がメンチカツと
悩んでたけど、この後、まだ2麺訪問予定があるしで、結局、全員、コロッケ(150円)に。
 
ac663a1e.jpg

b30f94c8.jpg

 
多少は「重い」かと覚悟してたら、油切れもよく意外にも、ライトな感じ。標準的なコロッケのよ
うに、ジャガイモの中にミンチ、じゃなくて、玉ねぎと豚ミンチ(沖縄のまーさん豚というものらし
い)を、繊細なジャガイモの衣で覆った、饅頭のような造り。
何個でもいけそうなサクサクとした軽さと、旨みが封じ込められた美味しさで、あっという間に
食べてしまった。
 
このコロッケは、印象に残りました。
 
香川県仲多度郡琴平町220 /定休・水曜
 

金毘羅に向かう道路脇の電柱、参道のアチコチにある黄色い看板。「灸まん」って、有名なん
だと、思い知らされる。出発前に、香川のお土産で検索したら、すぐに出てきて。それまで知ら
なかったんだけど(笑)日持ちもするようだし、手ごろだしで、お土産の一つとは決めていた。
本店は茶屋併設。金毘羅参りで時間に余裕が出来たら、本店でお茶しようと思ってたところ、
幸い余裕が出来た(まあ、かなり早足で石段往復してるから・・・)ので、立ち寄った。
石段やと言っても参道の入口から程近い場所にあり、まだまだ平坦な位置にある。
 
4391345c.jpg

0dd41ec6.jpg

 
左側が、饅頭などの販売、右側が、赤い敷物のある、らしい「茶店」。生憎と、席が埋まって
いるが、奥へどうぞと、声かけられ、テーブル席へ。
 
メニュー  ところてん売切れ・・
11689c2d.jpg

 
98b57a07.jpg

かき氷以外のメニューに、すべて灸まんが1個ついている。
 
お茶菓子セット 200円  灸まんと栗ようかん。お試しセットみたいな感じ。疲れてるから、甘
いものが美味しい。と言っても、ようかんもベタに甘いって感じではなく、適度な甘味だ。いに
しえ老舗系と言うことで、かなり甘いものと覚悟?していたが、嬉しい誤算だった。
 
89b9ec3b.jpg

 
ひんやり感が心地よい、わらび餅とあんみつ 各400円
f64ca412.jpg

aa2c665a.jpg

 
以下はお土産用。灸まんは箱入りもあるが、実家だと数が多いし、我が家の場合は簡易包装版
5個入り380円。黄身餡は、食感的には、福岡の「ひよこ」に似ている。甘味は「ひよこ」より、かな
り控えめ。奥の期間限定「いもまん」は、まだ食べていないので後日追記??
 
79309d98.jpg

 
507089e5.jpg

75257dca.jpg

 
栗まん 595円 こちらは白餡の中に刻んだ栗が、タップリ入っている。
 
53d1f19b.jpg

e12aace0.jpg

 
0ed8a05a.jpg

 
どの商品も甘さ控えめで、くどくないのが良いねぇ。
 
さらに参道を戻り、商店街へ・・・
 
 
香川県仲多度郡琴平町798 /無休
 

変り映えしない画像ばかりなのだが・・・(笑)
ここのミニストップは、大通り沿いにあり、池上製麺所への目印となる店舗なのと、やはり、
まだ正午前なのに、うどん3店で食べてると、こういう、箸休めは必要であり・・・(と言い訳
してみる)。
 
fc08c21b.jpg

 
6cb68eb3.jpg

 
こちらもイートインスペース(白テーブル2人がけ6席)は、地元の方?に「占拠」されていたの
で、車でいただく。
相も変わらずの、ベルギーチョコソフトのオーダーである(苦笑)
もう少し、店内を、色々見てりゃいいものを。全国同じと思い込んでいるから、実はホットス
ナック辺りに地域性が出てたり。今回の旅の、大反省点は、SAとコンビニ以外の流通系の
お店に、ほぼ、立ち寄らなかったこと。普段なら、品揃えとか、生鮮品とか、その地域性を
見て、楽しむのだが・・・弾丸ツアー、過ぎたのかもしれない。
 
79f6978d.jpg

 
ちょいと、盛りが少なめに感じるが、底のほうは、まあまあ、入っていた。
丸亀のお店は、底がスカスカだったし(笑)偶々、なんだろうけれど。アルバイトさんも、大変
だよね。バイキングとかで作ると良くわかるけどソフトクリームって、結構、難しいから・・・。
 
肝心なトコ。高松市中心街から来ると、このミニストップを目印に、右方向へ入り、側道を高
松市街の方へ若干、戻ったトコが、るみばあちゃんの、池上製麺所、となります。私のように
古いナビだと、ここを通り過ぎて左に入る旧店舗に案内されるので、ご注意を。
 
しかし、高松市内に16店舗(!)北九州じゃ、考えられん。
つい先日、小倉北区に待望の3店目が出来たが・・・頑張って欲しいですな・・・(笑)
 
香川県高松市香川町川東下241-1 /24時間                                      

↑このページのトップヘ