北九州〇(まる)かじり!<新館>

ぼちぼち更新中    since 2005.11.16(renewal OPEN 2019.5.6) 

(略歴・笑)
2005.11.16 niftyココログ「北九州〇(まる)かじり!べーやんの雑記帳」開設。
2006.11.25 yahoo!ブログ<別館>開設。ココログを<本館>と改称。
2019.5.6 ライブドア<新館>開設。yahoo!ブログ廃止のため<別館>を移行・<本館>記事も統合し<本館>を<旧館>に改称。

カテゴリ: (食)香川・徳島・高知・愛媛

丸亀城で「腹ごなし」した後は、高速道で高松市へ。(途中、府中湖PAを見かけたが立ち寄ら
ずで、ここにも、侮れないうどんがあったらしいのだが・・・)目指すは、有名な「るみばあちゃん」
のお店、池上製麺所だ。ナビを当て込んでいたら、移転前の旧店舗付近に誘導されてしまい
(汗)焦りと疲れで超不機嫌になったり、それが車の中に波及したりと(汗々)11時過ぎに到着。
2009年に、移転して綺麗な店舗になっていました。駐車場は広くて車も多く、店舗の前には、コ
ーンにより誘導ルートが設けられていたものの、運が良かったのか、10時開店直後を回避した
おかげか、待ち時間0ですんなり入店。
 
6189b83d.jpg

 
メニュー
 

2f4cef43.jpg

9cdfbf91.jpg

 
私と息子が冷うどん(大)278円、嫁と娘がかけうどん(小)195円。釜玉など釜揚げのレーン
とかけうどん冷うどんのレーンが分かれているが、先ほどの内輪もめに関わりなく全員が、
同じレーン(笑)注文カウンターで申し出て、受け取った後、揚げ物や練り物、おにぎりのコー
ナーで物色し、お会計。注意すべきは・・・冷かけうどんは、そのままだと、冷たい出汁になる
ことだ。熱い出汁、いわゆる「ひやあつ」なら、そのように注文べきだったと、このブログ書い
ている時になって気がついた(苦笑)その時は「あれ、冷うどんは出汁も冷たいのね・・・」と
そんなように思っていた。お会計が終わったら食事スペースへ。
 
冷うどん(大)と、穴子天にコロッケ
 
cc672330.jpg

cbd8b6df.jpg

54e3409b.jpg

かけうどん(小)
 
6a5a05cf.jpg

 
流れが上手くいったというのか、偶々なんだろうが、朝から3麺目。だんだんとコシが増して
くる感じになっている。が、最初から「剛」と言う感じではなく、くにゅんと噛んだ後に、コシが
ある麺と言えばよいのかな。出汁は淡く薄い感じではあるが、風味はシッカリ感じられたし、
さすがに美味しいうどんでした。昼間になり気温も上がったので、「ひやひや」もアリでしたが、
やっぱり「ひやあつ」で食べて見たかったな・・・
コロッケは130円?普通に美味しかった。ガッツいて食べたからよく憶えてないものの、むしろ、
よくネットで紹介されている、穴子天は薄くてインパクトが弱く。ただ、個別の値段は憶えてない
けれど、安い感じではあったけどねぇ。
 
6f9c1317.jpg

また、テーブルの上には醬油と並び、なぜか粉チーズが・・・
これって、釜玉用かな?カルボナーラみたく食べるというヤツ。それをウリにしてる讃岐もあった
ように思うし、そーいや、北九州でも門司港の、港屋千兵衛のメニューにあるねぇ。
 

食事スペースには、お土産うどんの販売コーナーがあり、居ましたよ・・・あの方が。
実家の土産に3食入りを購入します。
 


 
このパッケージ、実は、高速のSAでも見かけるのだが、やっぱし、この方から直接、買い求
めて、茹で方のコツ(簡単に・・・ああ、そんなことかと思うほどのレベルですが)も教えていた
だきました。この方が多くのお弟子さんに教えた、るみばあちゃん。そんな偉大な方なんです
が、まあ、気さくな方でした。
 
駐車場には、先ほど食べたコロッケと並び、ギョロッケの販売コーナーが。
 
2744253d.jpg


 
揚げたてを買い求めました。
 
8aef0e4d.jpg

1b48c911.jpg

 
餃子のコロッケという位置づけらしいのですが、餃子と言うより野菜、キャベツのコロッケと
いう感じでしたな。シャキシャキ感はあるが、まあ、キャベツの風味が強く出た1品でした。
 
香川県高松市香川町川東下899-1 /定休・火曜(祝日営業→翌週月曜休み)と元日
 

「よしや」からミニストップで小休憩した後に、「讃岐富士」を眺めつつ、「なかむら」へ向かう。
有名なエピソードがあって、完全セルフなので、ネギは隣にある畑から、お客が自分で取っ
てきて刻む・・・なんて、確かにこの話、聞いたことがある。今はちゃんとネギの用意はある
そうだ(笑)画像の場所が、その畑かどうかは定かでないが・・・
8時半開店(日曜のみ。それ以外は9時開店)なので、まだ、50分はあるが・・・土器川の土手
にある駐車場は、ほぼ一杯で、自分たちの車で満車に。土手の下も満車に近く、店舗の横の
駐車場は、空きがかなりある感じ。そちらは細い路地から入るので盲点になってるのか、バイ
クの方が多かった。「よしや」で見かけた福岡ナンバーのキャンピングカーが、同じ駐車場に
先着していた(笑)
開店前だが、早速並ぶ。この時点では行列は20人強。見たところ、別棟となる食事スペースは
かなり広く取っているので、開店後はすんなり入れそうだ。
 

98aba1de.jpg

 
b691415a.jpg

  
2871af5c.jpg

 
予想通り、開店後は、そんなに待たずに店内へ。
 
0efd8076.jpg

 
メニュー 

 
 
釜玉(大)370円、(小)270円×2、かけうどん(大)320円に、有名らしい「エビ天」(すり身天)
の作戦。入店後、注文を伝える。ここは、「山越うどん(釜玉発祥の店)」と供に「釜玉」で知ら
れているから。かけうどんは、冷にした。丼と玉をもらってネギ生姜や天ぷらのトッピングに
すすむ。釜玉は、まず、丼をもらって、自分で玉子を割り、とじて待つ。大釜から上がった、
うどんを入れてもらい、(醬油はここでも、食事場所でも可)ネギなどトッピングして、お会計。
会計が済んだら別棟の食事場所に進み、そこで出汁や醬油を回しかけていただく。
 
4faab3ff.jpg

14bac779.jpg

 
食事スペース
 
6754bf99.jpg

6f641944.jpg

9d349461.jpg

 
 
我々は、なんとなく、テーブルがない外の台に腰掛けて、いただきました。
 
釜玉(大) 予想通り玉子1個だけじゃ、ちょいと足りないが、これはこれであり。もちろん2個に
すれば良いのだが・・・諸般の事情で敢えて(笑)
 
4722926a.jpg

 
釜玉(小) やはり、小につき玉子1個が、ふわっとして、良い感じだ。
 
e599baf2.jpg

 

 
麺は、やや歯ごたえ感があるが、そこまで強いという感じじゃなく、どうかしたら北九州のお店
に、こちらより堅い麺の店がたくさんあるような気がする。(この前に行った大平製麺より堅い
が・・・)心地よい堅さではあり、玉子とのコラボで、するっするっと、胃に収まる。
ここからが自己流で、2/3ほど食べた後に、熱い出汁を注ぎ(ここまでは醬油をまわし掛けただ
け)、玉子スープ状(玉子とじうどん)にして食べる。1杯で2度美味しい(笑)。
ちなみに、チェーンの「丸亀製麺」でも、よくやっちゃいますが・・・(笑)
 
こちらは、かけうどん(大)に「エビ天」トッピング。かけうどんは、「ひやあつ」→大平製麺で、
すっかり虜になった食べ方(笑)
e64d6286.jpg

 

 
「あつあつ」も良いが、やはり「ひやあつ」の方が、麺の輪郭がハッキリしますねぇ。エッジが立っ
ている感は、さほどなくて、つるつる感の方が強く感じる。これまた、スルスルと胃袋へ・・・。エビ
天は見たまんまで、海老のすり身天ぷら。これも名物らしいので、食べてみた。まあ、福岡の丸天
エビバージョン、って感じです(謎)
 
こちらも、旨かったです。嫁と娘は「釜玉」初体験で、美味しさに感動してました。
わからんから、釜玉に生姜を入れてましたが・・・まあ、それも、アリでしたが。
 
帰り・・・行列、すごいです。60-70人くらいは居るような・・・
 
5add260d.jpg

 
駐車場から眺める、讃岐富士こと、飯野山と、ネギ畑?(笑)
 
ac364185.jpg

 
香川県丸亀市飯山町西坂元1373-3 /定休・火曜

大平製麺を出て、すぐ近くのローソンで野菜ジュースを飲みつつ作戦会議。予定より早め、かつ、
並ぶこともなく大平製麺を堪能したので、時間に余裕がある。しからば、と、さほど遠くない、同じ
早朝7時開店の、有名店「よしや」(丸亀市飯野町)へ向かう。7時10分に到着。ここは・・・すごく
車が多い。が、出入りが多くすんなり駐車・・・と思ったら、店舗の前に、まさかの「本日は通常営
業していません。予約制のワークショップ営業です」とある。残念だが、そうこうしているうちにも、
ひっきりなしに車が到着しては去ってゆく。これ、もし営業していても、車は置けないし、すごく並ぶ
状況になってるんじゃないかなぁ。ツキがあると思うことにする。
 
db9c6259.jpg

 
次に予定のお店は8時半開店で、これまた距離が近いし1時間以上ある。時間調整(と、この
時点では思っていたが)ひとまず、「よしの」を後にし、適当な方向に走り出す。一時停車して
ナビもセットしたくて目に入ったミニストップに立ち寄る。
 
d2630b76.jpg

d8c51ecf.jpg

 
 
福岡のミニストップでもよく見かけるタイプの2人用白テーブルが4つ。だが、なぜか二つは、ガ
ラスにピッタリ付いているから6人しか座れない。奥の2つ4名用は、オヤジがどっかと座りスポ
ーツ紙広げて占領中。仕方ナシに車でベルギーチョコソフト。
 
7d2b378c.jpg

 
箸休め、ってトコかな。買いに行った嫁と娘が、店員の若いおねーさんの四国弁?に触れて
感動?していた。ま、しかしね、作り方は今ひとつだったけどね。収穫はあったかな。
ほんの少しの休息で、体制を立てなおし、ナビをセットし、次のお店に向かった。
しかし。。。何故か、ミニストップ、(福岡に比べ)やたら多い気がする。「よしや」のすぐ近くの
飯野町にも1店あったし。
 
香川県丸亀市飯山町下法軍寺28-1 /24時間

瀬戸大橋を渡り、早朝の四国入り。そのまま高速で善通寺IC。そこから一般道で向かう。朝6時
45分。与島PAで寄り道した分、15分ほど遅れたが、幸いに車は、まだ1台も見えない。最初にし
て最大の目的は、ここに来ること。小倉からここにナビをセットして遥々やって来たわけだ。ネット
で下調べしてた灯篭が見えて、すぐにここだと判ったが、目的地には看板も暖簾もなく、どう見て
も、ただの民家である。
 
13e24ae6.jpg

53d7f7c0.jpg

 
車を用水路沿いに寄せていると、軽トラが1台、目の前に止まった。地元の、常連さんらしい。
北九州ナンバーの車が居たら、そりゃ、目に止まるよね。ものすごーく気軽に話しかけられて、
ご案内までしていただいた。敷地に入り郵便受けのある側の玄関扉、そこが「お店」の入口。
観光客にはハードル高いお店。なにせ、日曜日の朝、7時から8時頃までの1時間だけの営業
である。玄関から入り、テーブルがセットしてある土間を抜け奥にすすむ。
 
6dffc023.jpg

 
麺を打つご主人。奥に大きな釜とタップリの湯。うどんが茹でられている。
 
3780fcfc.jpg

 
冷たい麺か、温かい麺かを伝える。初めての本場での讃岐だ。要領が判らないままに、家族
みんなが、温かい麺にしたら、意外そうな感じだった。冷たいのを温めなおさず、釜から直接、
うどんを丼に入れてくれた。
 
07ac0e47.jpg

 
後ろの台で食べ方を選ぶ。といっても、用意している薬味は、おろし金に乗っかった生姜(自分
でおろす)と、ネギのみだ。あたたかい出汁は鍋に用意しているし、醬油もある。
常連さんが温泉玉子を持ち込んで食べてることもあると聞いた。ひとまず、出汁を注ぎ、生姜
とネギをトッピングする。七味忘れた(笑)その奥にある4人も座れない椅子と言うか、「台」は常連さん3人。
情報から立ち食い覚悟していたのだが、向こうにテーブルが用意してあるよ、と、常連さん。
今しがた入ってきた玄関の4人テーブルに移動。
 
12a8ea23.jpg

 
 

 
 

 
 
讃岐うどんが、エッジの立った噛み切れないほど弾力のある麺と決め付けている方は、目か
らウロコだと思う。くにゅん感はあるが、かなり軟い麺だ。が、出汁を吸ってしまうようなことは
なく、出汁の中にあっても、凛とした存在感のある麺だ。やわやわもちっ、という感じ。一気に
啜る。素朴な麺だが、出汁もいい味だしてるし、こりゃ、旨いわ。
 
自分と息子は、御代わりだ。今度は2人とも、「ひや」にし、1つは出汁を注ぎ、1つは醬油でいた
だく。
 
a5c85b91.jpg

 

 
 
573d113d.jpg

 
 
麺の表情が変わった。冷麺は、水でキュッと締められているから、表面のぶよっと感がなく、
ツルツル感が増した。それにクニュんとした心地良い粘りと歯ごたえ感が増してが相乗効果。
醬油は、麺の感じがダイレクトに伝わるが、「ひやあつ」も負けていない。出汁の絡みも良い。
 
最初の温かい麺。そして冷たい麺。できれば、温、冷、出汁、醬油の4パターン、すべてを4玉
食べたいくらいだが・・・まだ、讃岐うどん食べは始まったばかり。4人で6玉食べて終了。
お代は・・・1玉70円
締めて420円のお支払いだ。うーん、信じられない。
 
結果的に・・・子ども達の評価は、この日訪問店の中で、ナンバー1でした。
 
0a921d64.jpg

目印は、この石灯篭です。

 
香川県善通寺市与北696 /営業・日曜 朝7時~8時

↑このページのトップヘ