北九州〇(まる)かじり!<新館>

ぼちぼち更新中    since 2005.11.16(renewal OPEN 2019.5.6) 

(略歴・笑)
2005.11.16 niftyココログ「北九州〇(まる)かじり!べーやんの雑記帳」開設。
2006.11.25 yahoo!ブログ<別館>開設。ココログを<本館>と改称。
2019.5.6 ライブドア<新館>開設。yahoo!ブログ廃止のため<別館>を移行・<本館>記事も統合し<本館>を<旧館>に改称。

カテゴリ: (食)北九州市若松区

yahoo!ブログ 10周年記念シリーズ

(2016年11月3日)
若松にやって来て、あの店を外すわけにはいかない。「黒門」を出た後は二島経由で、
国道199号線を若戸大橋方向へ。藤ノ木駅近く、国道沿いにある「マルケン」。さて、今
日はやってるのかと、ドキドキしながら行ってみると、トレードマークの青いテントの下
に真っ赤な簾が出ている。通り過ぎて、直ぐの角を曲がり駐車場へ。たぶん、前は、こ
の駐車場だけだったと思うのだが、店舗の裏手にも駐車場がある。タイヤが目印。
さて、マルケンは何度も訪問してるのに、これまで、このブログに書いてなかったみた
い(汗)
b5ccea8c.jpg


店内は満席で、しばし待つ。ちょうどピーク時間の終わり際で、着席後は空席ができる
感じ。混雑するより、気分的にゆっくり食べることができるからありがたい。

メニュー
相変わらず安い。ラーメン400円、チャンポン500円って・・・ぎょうざの400円が高く見えて
しまう(笑)


ワンタンメン 500円
e6420275.jpg




まずは、スープを。んんんっ・・・おー、なんとワイルドなスープだ。これまで数回来てい
るが、こんなに濃くてワイルドなマルケンは初めて。概ね、アッサリで透明感があって、
しかし、良い意味での野暮ったさがあるスープと思っていたが、透明感は控えめで、と
もかく、コクが半端ない。かといって、マルケンらしいスッキリ感はあるから、グイグイっ
と飲めてしまう。喉の奥にずっと残る旨味。実のところ、チャンポンと迷ったのだけど、今
日はワンタンメンで正解。

やきめし 500円
たぶん、初めて頼んだ。ラーメンと焼きめしの組み合わせはカロリー的に危険だから、
あまり頼まないのだけどね。偶には他のメニューもと思って。お母さんは居なくて娘さん
が作るやきめし。玉子は入らず、豚肉・玉ねぎ、にんじんとネギのシンプル焼きめし。
味は優しい。油分はタップリ。うーん、危険だ(笑)

11952196.jpg


さて、お楽しみの会計タイム。2人でたらふく食べて1500円。
機先を制して「5,000まんえん」ね~と出して、じゃあ「3,500まんえん」のつり銭(札束?)
をもらった。なんと「お高い」ラーメン店だろう(爆)とんでもない、とってもリーズナブルで
旨いラーメン。大将、ご高齢で後継者はいないのだろうけど、まだまだ続いて欲しい店
です。

北九州市若松区宮丸1-4-3 /定休・月曜と第1・3・5日曜 /P・あり


yahoo!ブログ10周年記念シリーズ

(2016年11月3日)
遠賀町から今年若松に移転したが、我が家からは、やはり遠く(感覚的に、ね)なかなか
行き難いのは変わらなくて。ずいぶんとご無沙汰になってしまった。久しぶりに予定のな
い祝日、嫁は研修、娘は友達とお出かけ。これまた所在なく何時までも寝てる受験生(苦笑)
息子をたたき起こして、昼食へ。こんな時ぐらい、プチ遠征。が・・・なんと、この日、九州
実業団駅伝なるものがあり、思いっきりカチ合ってしまった(汗)お店は目の前なのに、し
ばらく通行止め。じらされて、ようやく到達。

bee06007.jpg




駅伝のおかげ?店内は満席に近いが、待たずに案内された。前の店舗と違い、店
内に待合席も出来ていた。我々の後は、その待合席が人で溢れていた。

店内  奥の壁際にあるL字カウンター席に案内された。真ん中にテーブルも。
厨房前のカウンター席が良かったけど、それは仕方なし。広くなったなぁ・・・

3a008b86.jpg

メニュー
2898731e.jpg


ラーメンと、おにぎりを注文。黒門では定番だね。
注文すると、おにぎりはさっと出てきた。が、混みあう店内、ラーメン登場は遅れ気味。
焦らされた方が有難味は多いけどね~(笑)

おにぎり 50円 生海苔 100円
9d068cbd.jpg


息子は、あの醤油もたらさず、おにぎりにかぶりついている。自分はラーメンと一緒に食
べたいからじっと我慢。ああ、おにぎりが乾燥する(汗)注文時にパートのおばちゃんに
「同時に出して」と言うべきだったか。

ラーメン 600円
3a33c6d4.jpg





先ずは、スープをひと啜り。相変わらず透き通るような繊細な感じのスープだが、以前
より、さらに旨そうに見える。恐らくは、白濁具合によると思えるが、このスープ、たぶん、
これまで食べた黒門のスープで、一番、旨いと思った。上品さという点では譲るが、良い
意味で、ラーメンらしい野暮ったさ、ワイルドな感じの旨味が、グイグイと来る。それをキ
ュッと締める塩加減も良く。

半分食べた後に海苔投入。半量づつ息子と分けあって。
58863f1b.jpg


海苔の香りが加わり味がさらに豊かに。久しぶりで、元の素のスープを味わいたかっ
たし、しかし、海苔を入れたときの魅力は、遠賀時代に体験してるから。半分食べて、
からの投入、分けあって丁度良い感じだった。

店舗が大きくなったり移転すると、少し味が変わるのは覚悟の上、という部分がある
のだが、そんなこと杞憂でした。いや、流石です。久しぶりの黒門、大満足でした。

北九州市若松区青葉台南3-1-5 /定休・月曜と第4火曜(祝日の場合は営業・翌日休み)
/P・あり

コロッケや弁当がある肉屋さん。八幡の本城に所要があり、ほんの少し足を伸ばして寄って見
た。二島郵便局やイオン若松に近い住宅地にあった。並びには「肉のくぼた」があり、何故に肉
屋が集中してるのかな?どちらも、惣菜やお弁当があり、どちらかと言えば「くぼた」の方が、大
通りからも判るし、大きな感じだ。

3b213386.jpg


bba0922b.jpg


メンチカツや唐揚げも旨そうだが、話を聞いていたコロッケ70円(税込)を。
お肉屋さんのコロッケって美味しいんだよね。

824174d1.jpg


大きなコロッケを想像していたが、小ぶりな、かわいいサイズ。

1ab180be.jpg


衣が、すごくサクサクしている。買ってすぐに車中でいただいてみた。味付けは、濃い目の
しっかり味。2個食べたら、飲み物が欲しくなった。しかし、持ち帰って、ご飯のおかずにした
ら、印象ががらりと変わった。この濃い目の味付けが、ご飯にあうこと。酒の肴にもいいし。
少々、油の香りはするが、地元に愛される味なんだろうなー、と思った。

北九州市若松区二島5-3-10 / P・あり(商店連合会の看板ある駐車場内に4-5台分)


この日は所用で若松海岸方面へ。途中、あれ?ここは見たことがあるゾ・・・と。「雲のうえ」に
出てたと思い出し、帰りに立ち寄ってみた。夕方のアイドルタイムで、お客は私だけだったが、
駐車場の広さと、殆どなくなっていたおにぎりのコーナー、意外と広く感じる店内で、人気のお
店なんだろうな、とすぐにわかる。
 
8a10c4b2.jpg

c9693871.jpg

 
メニュー
1bb2f24d.jpg

28c9f468.jpg

 
店内
77f0beb9.jpg

c523c611.jpg

 
店内掲示から、一番人気は肉ごぼううどんらしく、メニューの玉子とじに心惹かれつつ、ここは
初志貫徹。「雲のうえ」に出てた、海老天のビジュアルが気になっていたのだ。それにごぼう天
をトッピング
 
海老天うどん 470円 +ごぼう天120円
 
f1a20678.jpg



 
この、座布団に載ったような海老の姿が気になっていた。
 

 
細麺のつややかなうどんだ。麺のゆで方や休ませ方にこだわりがあると、「雲のうえ」で読ん
だが、なるほど、やわやわそうで、しかし、べちゃっと感はなくてつやつやさが残っている。海
老も、小ぶりだがちゃんとした海老が3尾のっているもので、普通、470円程度であれば、まん
丸分厚い天ぷらに殻つき小海老が、申し訳程度に混じった「海老天」の場合が殆どであり、
海老天に関してはコスパが良い。ただ、出汁は客層にあわせて醬油と塩を少し強くしている、
という話しどおりで、1口目は良い感じなのだが、天ぷら自体も塩味があるようでトータル、
私には、かなりしょっぱく感じた。ゴボウは軟くてアクもなくてよい感じ。で、思ったのが、メニュ
ーにある玉子とじ、だ。玉子とじにトッピング追加で、次回は試してみたいが。
 
北九州市若松区北湊町4-9 /定休・正月3日間・・・のようだ。

katorea前回(2/8)はお土産でもらった上に数時間後に食べたから再挑戦したかったけど意外と早くにチャンス到来(計画的?笑)

ソースのない、醤油で味付けしたたこ焼きだというのはわかっていたが、作るところを見てびっくり。生地に混ぜているとばかり思っていたけど、通常のたこ焼きを作る過程で、外側が焼け、中がまだ液状のタイミングでごく普通の小さな醤油瓶(醤油差しになっている瓶)から、直接まだ液状の生地へ醤油を落とし味付けをしていた。確かにあらかじめ入れてたら焦げやすいだろうと、納得。すぐに車の中でいただく。パリッとした外側と、中のゆるさ加減、味付けとも絶妙で、これは美味しい、と思った。いくつか食べた後、そのまま持ち帰り家で食べてみたが、美味しかった。ソースを塗らないから、外側がふやけない。なるほど、冷めても旨いとはこういうことかと、人気があるというのをその値段ともどもこれまた納得してしまった。

たこ焼き カトレア   たこ焼  300円

<データ>北九州市若松区白山1-9-2 (若戸大橋~若松駅の間) <メモ> 今回・A(旨い) / リピート・B(↑) / 訪問履歴・2回目(お土産含む) 

katorea 転入早々の上司が、以前から知り合いの若松のお客さんから連絡があったとのことで出かけた。土産に買ってきてくれたもの。上司いわく、覚めても美味しい、クセになる味ということだ。どっかで聞いた覚えがあると思ってたが、やはりクーパーさんのHPに載っていた。

ソースのないタイプにご対面するのは、ずいぶん前に大阪のJR天王寺駅で食べて以来。しょうゆを使い味を調えているようだ。大人しめの外見とは裏腹に意外と味は付いている。中身はシンプル。ふわっと感とは対照的に硬めでシッカリした、団子感覚のたこ焼きだと思った。しかし、いくら冷めても・・・といっても買っていただいてから6時間は経った後での食感だから、アテにならない。いずれは再食してみたいが、どーも、ソース味の他のたこ焼きの方に走ってしまいそうで、いつになることやら。

たこ焼き カトレア   たこ焼き ?円(お土産のため・・・)

<データ>北九州市若松区白山1丁目9-2(若戸大橋、若松側降りてすぐ、らしい) <メモ> 今回・B’(まあまあ) / リピート・C / 訪問履歴・初回(お土産) 

↑このページのトップヘ